ホーム > 美容 > ほうれい線を改善するためにやっていること

ほうれい線を改善するためにやっていること

46歳を過ぎてから顔を左に向けて寝ると、朝くっきりと左側にだけほうれい線が表れます。

付いてしまった寝癖ほうれい線は、一日中消えません。

そんな日は表情筋を動かしまくりごまかします。

ほうれい線が出ていると、グッと見た目年齢が上がってしまうのが、最大の悩みです。

寝癖で付くほうれい線は、寝る前のたっぷり保湿と、ひたすら意識してあおむけで寝る事、規則正しい十分な睡眠の3点です。

あとは予防として、日中、顔の筋肉を総動員して鍛えまくります。いわゆる変顔です。

頬が下がるとできると思うので、頬を上げる表情をしたり、頭を上からつかまれて、もしくは顔に被ったストッキングを脱ぐような、グーッと引っ張られるイメージをしながら顔全体を筋肉の力だけで引き上げます。

以前、左右の耳の後ろの髪をクリップで止め、後頭部にかけてゴムで引っ張られるという商品を購入し、試してみました。

実際にほうれい線部分はしわが伸びたのですが、目の下のしわがかえって目立つようで使用しませんでした。

化粧品は年齢が上がるにつれ、ずっと使用してきたものが合わなくなってきたので、ほうれい線、しわ対策に、保湿をしっかりしてくれるものを使うようになりました。

以上の方法で、今のところ何とか対策できているようです。

でも疲れやストレスを感じているなぁと感じ、バスルームで洗顔の際に鏡をふと見た時に薄いほうれい線に気がつきました。

最初は疲れを取れば消えるものだと思っていましたが、充分な睡眠をとってもなかなか消えず、周りの視線が気になって仕方ありませんでした。

テレビの番組や雑誌の記事でヒアルロン酸とコラーゲンが効果的だと知り、その成分を含んだ化粧水や美白乳液を使うようになりました。

また、某NH○の番組にてほうれい線が目立つ原因の一つに顔の筋肉の衰えと皮膚の保水状態の低下がかかわっていることを知り、顔面の筋肉を鍛える体操を1日1回やるようになりました。

最近はさらに http://xn--es-gh4ai2c0onc8c3d.jpn.org/ で知ったたるみ用のクリームを使うようになりました。

しかし、現状維持でほうれい線の変化はあまりないように思えて仕方がありません。

他人の視線もすごく気になって、老け顔になっているのではないかとさらに悩んでいます。

やはり、ほうれい線を完全に消すためにプチ整形をした方が、ストレスや他人からの視線から解放されるのではないかと思い始めています。


関連記事

  1. ほうれい線を改善するためにやっていること

    46歳を過ぎてから顔を左に向けて寝ると、朝くっきりと左側にだけほうれい線が表れま...

  2. 誰の為に獣医師会があるのか

    狂犬病ワクチンの格安化に獣医師会が 反発しているという話があり、話題に なってい...

  3. 豊胸・マッサージ方法と断言できる腋下へのリンパマッサージ

    ツボを実際に押すなら、鍼と指圧がメインです。指圧の場合の利点は、ご自身ですぐでき...